ひとりひとりかかる時間が違うのはなぜなんでしょう?

パーマやカラーの放置時間が予定よりも長くなったり、

短くなったりするとなんとなく不安になりませんか??

そんな気持ちになる人も結構多いと思います。

でも安心してください☆彡

人によって個人差があるのは、

キューティクルの枚数の違い、髪の太さの違いがあるからなんです。

キューテイクルは通常5~6枚がうろこ状に

重なっていて枚数が多い場合があります。

そうするとダメージとは関係なくパーマがかかりにくい、

ブリーチしにくい、傷みにくいといった違いが出てきます。

冬に重ね着をしてしっかり体を包み込んでいると

脱ぐときにも手間がかかりますよね?

特に髪が太い場合はキューティクルが厚くてしっかり

している場合があります。

反対に細い方はキューティクルのバリア機能が弱く

ダメージをうけやすいタイプになります。

歳を重ねると髪が傷みやすく感じるのは

コルテックスの部分が減少し毛が細くなってしまうから。

そういったことがあり髪の「太い・細い」が

「硬い・柔らかい」という感触の違いになっていきます。

人の顔それぞれ違っているように、髪にもそれぞれの個性があると

いうことですね♪♪

美容師はそういった個性を観察し、髪の履歴を読み取り

技術や薬液の選び方を変えるためj

薬液を弱くしたり強くすること時間を一定にしたり

薬液を一定にして時間でコントロールしたりと

いろいろな方法で施術していきます。

ちなみに外人さんはキューティクルの層が厚く

コルテックスの部分が少ないのでダメージを感じにくくなるのです☆

日本人は基本的に逆の作りになっているんです。

関連記事

最近の記事

  1. 【美容室で勧められるシャンプー】と【Room0323で勧めるシャン…

  2. ホームページリニューアルのため!

  3. 【縮毛矯正毛の方必見】新商品のコレ!オススメです♪

  4. 2022年、Room0323のヘアケア、スキンケア商品がレベルアッ…