濡れている状態で髪を切るのはなぜ!?

お客様から聞かれることがよくあります。

乾いた状態でカットするドライカットという方法と

濡れている状態でカットするウェットカットがあります。

何が違うんでしょうか??

ウェット(濡れている状態)の髪は水素結合という結合が切られているため、

ドライ(乾いた状態)にくらべると髪がやわらかくなっています。

その分、少ない力で切ることができ髪の負担を減らして

あげることができちゃいます。

でもウェットの状態だと髪のクセが伸びてしまうことがあり

仕上がりの状態がわかりづらいときもあります。

髪をカットした後でドライして

もう一度ハサミを入れるのはウェットの時からドライにすることにより

できたズレに対して綺麗に見えるシルエットにするためです。

ドライの状態で最終チェックしてウェット時とドライ時のギャップをなくし

ひとりひとりのクセに合わせて調整することによりご自宅で

再現しやすいようにしています。

ちなみにウェットでカットした髪をドライすると

思っていたより短く仕上がるのは水素結合が関係しているからなんです。

カットするとき髪を引っ張ると濡れていることでやわらかくなっている髪は

ドライの時よりも伸びやすい状態になっているということ。

そしてドライして乾かしていくと髪は元の状態に戻ろうと

するので当初よりも短いと感じてしまいます。

なので結合の仕組みを把握していることにより

カットのテンション(引っ張る力)を

コントロールすることも必要になってきます。

ちなみにウェット時の髪の断面とドライ時の髪の断面です。

%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%88%e3%81%ae%e6%96%ad%e9%9d%a2%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%88%e3%81%ae%e6%96%ad%e9%9d%a2

左がウェット時、右がドライ時になります。

この差により今後のダメージがかわるので綺麗な髪を維持するなら

ドライカットを最小限にするほうがよいのかもしれません。

関連記事

最近の記事

  1. 【美容室で勧められるシャンプー】と【Room0323で勧めるシャン…

  2. ホームページリニューアルのため!

  3. 【縮毛矯正毛の方必見】新商品のコレ!オススメです♪

  4. 2022年、Room0323のヘアケア、スキンケア商品がレベルアッ…