高いシャンプーとお手頃シャンプー

シャンプーソムリエの一人として様々なシャンプー剤を使用するようにしています。

そんな中で、価格と品質のバランスをしっかりと分析していきます。

シャンプー剤の価格に対しての高い、お手頃という価値観は個人差がありますが、ざっと以下の図のように分類できるのではないでしょうか?

o0960080814978089525

もちろん、これ以上高いシャンプー剤も沢山ありますし、お手頃なシャンプー剤もありますがこれを一つの目安としています。

これらの中で価格+効能効果、香りなどを期待して総合評価によってシャンプー剤を購入すると思います。

では、もしも僕が効能効果を期待して購入するとしたら?

僕の場合はどの様な成分でそのシャンプー剤は作られているのかを、裏面の全成分表示を見ながら成分解析をその場で行います。

とても重要なところなのですが、購入する前になんとなくどんなシャンプー剤なのかがわかるので、買って失敗するリスクがとても下がるです。

また、無添加とかオーガニックなどは全く気にしません。

これも、知識を身につけると無添加やオーガニックの良さは体感レベルではあまり無く、どちらかといえば商品をよく見せるためにそういう原料をいくつか配合していたり、処方をしているイメージ製品がとても多いからです。

(中には、ちゃんと考えているものもありますが、それなりの価格帯になってきます。)

それよりも、内容成分の他に僕の場合は価格を見ます。

上の表でいえば高め以上のシャンプー剤から個人的には選択します。

何故なら僕の場合、パーマ、ストレートもしていますし、ハゲ家系なのでそれなりにシャンプー剤には気を使います。

では、どうして高め以上のシャンプー剤を購入するのか?

そして、安い、普通のシャンプー剤にも個性ある有効成分などを配合しているタイプもかなりあるににどうして僕は選ばないのか・・・?

それは、安い、普通の価格帯のシャンプー剤を延280種類程度は使って試してきましたが、配合されている有効成分の効果を殆ど実感することが出来なかったからです。

つまり、有効成分が配合されてはいますが、微添(ほんの少し配合している)だからだと思います。

逆に、高め位のシャンプー剤以上になってくると有効成分の効果を実感できるシャンプー剤が増えてくるからです。

シャンプー剤は毎日頭皮と髪を洗うものです。

そして、シャンプー剤は頭皮や髪に対して負担もかけます。

何故なら、油汚れをとるためにシャンプー剤は作られているからです。

頭皮や髪には天然の保湿成分といわれる皮脂膜が存在します。

それらがあることで肌や髪の乾燥が抑えられたり、柔軟性やツヤが保たれています。

それらを取り過ぎないことが理想なのですが、どのようなシャンプー剤でも少なからずそれらを取っていきます。

多分、気づかない方はトリートメントでなんとかしているかと思いますが、シャンプー剤だけで一週間くらい過ごしてみて下さい。

今使っているシャンプー剤は頭皮や髪に対してどれほど負担をかけているかがわかってきます。

よく、このシャンプーは良いとか評価している人ほど、シャンプー後にトリートメントをしています。

一週間ほどシャプー剤のみで過ごした結果が、実は日々頭皮や髪にどれだけ負担をかけるシャンプー剤だったのかが良くわかります。

そして、その負担を極力減らすことがヘアケアの入り口!

だから僕は高めのシャンプー剤以上のものを購入します。

因みに、このシャンプー剤の選択方法は頭皮が健康で薄毛、抜け毛も気にならず、髪のダメージが少なく短い方、頭皮や髪のトラブルはあまり気にしない方には不要です。

関連記事

最近の記事

  1. 【美容室で勧められるシャンプー】と【Room0323で勧めるシャン…

  2. ホームページリニューアルのため!

  3. 【縮毛矯正毛の方必見】新商品のコレ!オススメです♪

  4. 2022年、Room0323のヘアケア、スキンケア商品がレベルアッ…