色によってもちが違うんですか?

好きな色を長くキープしたい気持ちは
みなさん共通ですよね??
でも赤や紫の暖色系はもちがよく
青や緑の寒色系は色が
とれやすいという特徴があります。
これは1剤・2剤が反応し、
染料がつながる速さに違いがあるからなんです。
青・緑の寒色系はすぐに大きくなり
赤・紫などの暖色系はゆっくり大きくなっていき
発色していきます。
すぐに染料が大きくなっていくと
反応時間は短くなり
カラーと塗布後の
待ち時間は少なくてすみますが
髪の外側(表面)付近を中心に
染まっていきます。
外へ流れやすい場所でもあります。
反対にゆっくりつながっていくと
小さいまま髪の内部まで
浸透して中で大きくなるため
外に出にくくなります。
それでも今は
寒色系のカラーが人気ですよね??
色持ちをよくするためには
弱酸性にpHコントロールし
アルカリや余分な薬剤を
髪に残さないことが重要です。
また染料と相性の悪いパーマや
紫外線、ドライヤーの熱にも
注意が必要です。
ブリーチなどで髪のダメージが
蓄積されると染料が抜けやすくなるため
美容師としっかり相談しながら
行う必要があります。
軽にご相談、ご予約はこちらから☆彡
'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
Twitterかわも
良かったらフォローお願いします☆彡
{F99B04FE-E171-4F6C-A49A-D9694B007DE0}
ダメージレスなマツエク、縮毛矯正、
パーマ、スキン・ヘアケアに
特化した美容室
Room0323【ルームサンニーサン】
〒542-0012
大阪市中央区谷町8丁目2-3
久寿野木ビル1F
営業時間 平日11:00~20:00
     土日10:00~19:00
予約優先制
定休日 毎週月曜、第一火曜、第三日曜日
(講習などで変更する場合があります。)
アメブロではまた違う内容を
書いておりますッ♪♪

関連記事

最近の記事

  1. 【白髪の原因と対策】

  2. カラー後はシャンプーしない方が良い?

  3. 【髪の枝毛がなくならない本当の理由】

  4. 10月から新メンバーが加わります♪